獣医を辞めたいみんなの相談窓口~獣医だったマチ子が転職に成功したヒミツ~ » マチ子が見た&聞いた・ブラックと囁かれる獣医業界の実態 » 医者なのに獣医の年収はなぜ低いの?

医者なのに獣医の年収はなぜ低いの?

ここでは、年収が低い現状に悩む獣医さんからの相談に、元獣医の管理人マチ子が回答をしています。同じように今の年収に満足していない獣医の皆さんは、ぜひ参考にしてみてください!

毎日ハードワークなのに年収が低くてツラいです…

相談内容

現在獣医として働いていますが、年収が低いことに悩んでいます。毎日ハードワークで頑張っているのに、なぜこんなに評価されないのか…。一応医者なのに…という思いもあります。

マチ子の回答:獣医師の年収の現状は…?

たしかに、獣医として働きながらも年収が低いことに悩んでいらっしゃる方は多いと思います。というのも、獣医の平均年収は25~29歳で約437.4万円月額給与で約27万円。一方、同じ医者でも外科医の場合、同年代なら822.9万円の年収を得ていると言われます。この差をみても、悩む方が多いのは頷けますよね。

マチ子の回答:なぜ獣医の年収は低いのか?

獣医の平均年収が低い理由はいくつか考えられますが、1つは、一時のペットブームにより動物病院が増えた一方で、現在は飼育されているペット総数が減ってきており(とくに犬は減少傾向)、動物病院業界が飽和状態に陥っていることが挙げられます。また、獣医療の世界で動物が“モノ”として扱われていることも関係しているのだとか。

マチ子の回答:どうしたら年収を上げられる…?

年数をかけて獣医としての実績を積めば開業も可能ですが、やはり開業するとなればリスクもついてきます。もちろん、借金を背負うことになるでしょう。しかも先ほど触れたように、現状の動物病院業界は飽和状態なので、その中で成功するのには大変な苦労を伴う可能性も。労働環境のキツさから、転職を選ぶ方も多いのが実情です。

もし将来性を感じられないなら…

このように、獣医を取り巻く環境は決して恵まれているとは言えません。もし、あなたも今の仕事に将来性を感じていないなら、早めに転職を考えたほうが良いでしょう。おすすめなのは、働く環境が整っていて将来的にも安泰な企業への転職です。

実際に企業へ転職した元獣医のマチ子だからこそ言えることですが、動物病院で働く獣医の仕事量。その環境にしがみつくよりも、今までの経験を活かして新たなフィールドで活躍できる企業への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

マチ子が獣医さんの目的別に選んだ転職支援会社3社を確認する

「獣医を辞めたい」と思った私が頼った
転職パートナー3選
治療をする獣医

「獣医を辞めたい…」とお悩みの先生に向けて、マチ子が使った転職支援会社3社をまとめてみました。環境を変える決心がついた方は、是非一度相談してみてくださいね。

あなたに合った
転職パートナーは?